包茎手術と早漏の関係性

包茎手術を行ったら早漏が改善されるという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。まず、何故包茎だと早漏になるのか、というところから説明する必要がありますが、一般的には刺激になれていないからだとされています。多くの時間、亀頭は包皮に隠れた状態だと、勃起した際に刺激を受けやすく、そのせいで早漏になるという理屈です。これは間違ってはいません。

 

亀頭が隠れた状態より、亀頭が剥き出しの状態の方が刺激は受けにくいのは確かです。包茎の方は亀頭の皮膚が薄い状態であり、包茎が解消されれば皮膚も厚くなる、これも間違いではありません。しかし、包茎手術で早漏が治るとは思わない方が良いでしょう。前述の通り亀頭で刺激を感じやすい、感じにくいという差はありますが、そもそも射精までの時間は人によっても違いますし、精神状態にも左右されます。

 

亀頭による刺激も重要な要素ではありますが、あくまで原因の一つです。包茎が解消されれば、原因の一つはなくなるかもしれません。亀頭の刺激のみが原因なら、確かに包茎手術で改善されるでしょうが、実際には他の原因が潜んでいることも多くあります。

 

すぐ射精してはいけないという強迫観念や焦りといった精神面が原因のこともありますし、刺激を感じやすい体質というものもあるでしょう。まず、包茎でない方が勃起状態を長く維持できるとは限りません。亀頭による刺激を少なくさせることはできるでしょうが、勃起状態を持続させられるか、という点には疑問が残ります。

包茎手術大学生ランキング