包茎手術を受けるべき理由

包茎手術を受ける理由と言うのはいろいろな物があると思います。一つの理由は単純に病気のリスクが上がるためです。包茎も、悪性の元なるとたくさんの病原菌を繁殖させやすい環境を作り出すことになります。その結果、性病に係ってしまったり大事なパートナーに性病を移らせてしまう危険性もあるのです。成長期となれば、いずれ包皮は後退して、剥けるようになるのですが一部の人は剥くことが出来ずに重度の包茎になってしまう人もいらっしゃいます。

 

真性包茎などが、それに当たります。二つ目は、やはりコンプレックスから来るものではないでしょうか。他の男性に比べて自分の性器は、しっかりと剥けておらず、子供みたいだと言う恥ずかしいと感じる理由から包茎手術を受けたいと言う人も中にはいらっしゃいます。こればかりは、人それぞれ感じ方は違います。包茎は包茎でも仮性包茎の方は、衛生上問題なくとも剥けてないから包茎手術を受けたいと言う人もいます。ちなみに、特に外国ではユダヤ教信徒の方が割礼という名目で包茎手術を受けます。

 

これは、子供の自慰行為を防ぐという宗教上の要請か来るものです。ただし、最近では衛生上、仮性包茎であっても大きな問題はないという事が分ってきており包茎手術を受ける件数は低くなってきているようです。日本では、美容目的で仮性包茎などを改善させる方法として包茎手術が多いとされています。もちろん、健康上のリスクから来る包茎手術も一定割合であります。

包茎手術大学生ランキング