包茎手術後は腫れが出るので安静に過ごすように

包茎手術後はとにかく安静にしてすごさなければなりません。傷口をいやすためには、無理な動きをしてはならないのです。とくに、包茎手術による傷口は手術後ある程度、腫れが生じてきます。この腫れは、手術後大抵の方が生じるそうです。腫れ自体は特段問題はありませんし、傷口が癒えてくればどんどん腫れの方も引いてくることは間違いありません。ですので、包茎手術が失敗したために起こる重大な後遺症では無いので、特段心配する必要もありません。

 

ただし、中には時間が経過しても引かない腫れもあります。その場合は、化膿していたりもしくは手術が失敗したことによる後遺症である可能性が高くなり、場合によってはさらなる安静や再手術が必要となることもあります。手術が失敗したことによる腫れは、とくに腕の悪いクリニックで手術を受けるとなることが多い後遺症です。原因としては、包皮の長さと縫い合わせる長さが間違っている事によって生じてしまいます。

 

この様な後遺症にならないように、しっかりとした腕を持ったクリニックで依頼をすることも重要です。しかし、いったんなってしまったからには、手術を受けない限り陰茎の形を元に戻すのは難しくなります。再手術の場合は当然ですが、保険の適用も出来ないでしょうし、ある程度出費が必要となるのを覚悟すべきでしょう。手術後は、大抵誰でも傷口の部分が腫れてしまうのは致し方ありませんが、中には包茎手術の失敗によって晴れてしまうという事もありますので、手術後の経過はしっかりと自分で観察しておくことが重要です。

包茎手術大学生ランキング